株式会社ケミカルゲート

ケミカルゲートのナノ粒子は「変幻自在」
SCROLL

ナノ粒子の可能性

強度を上げる、形を丸くする、複合原料を均一にする、 中心を空洞にするなど素材の自由度を高めます。
我々の技術は、化粧品、電池、バイオ、そしてロケットまで、 あらゆる産業に素材からアプローチし、
これまでの「不可能」を「可能」に変える可能性があります。
日本が世界に誇るナノ技術。 不可能を可能にするナノ技術。それがケミカルゲートです。

会社概要

  • 商 標:
    株式会社ケミカルゲート
  • 設立年月日:
    2015年3月3日
  • 資本金:
    100万円
  • 代表者名:
    曽我 弘(CEO) 
    プロフィール
  • 役 員:
    曽我 弘(CEO)
    山田 展也(CTO)
  • 事業内容:
    革新的ナノ粒子の製造販売事業
  • メールアドレス:
    info@chemicalgate.co.jp
  • 本社所在地:
    〒464-0858
    愛知県名古屋市千種区千種2-22-8
    名古屋医工連携インキュベータ 210 
    Google Map
曽我弘(Hiromu Soga)
新日鉄退社後、1991年-2010年までシリコンバレーに移住。
画像圧縮技術開発のベンチャー企業Eidesign Technologies, Inc. を設立、経営、1993年エクシング社に売却後、1996年にSpruce Technologies, Inc.を設立。DVDオーサリングシステムを開発・商品化し、今日のDVD普及の一翼を担う。旗艦商品「DVDMaestro」は最初の顧客がDisneyで ハリウッドでのデファクト標準になった。最終的に、2001年同社をApple へ売却。その後SVJEN(NPO)を設立し、バイオ関連ビジネスや、日米のスタートアップのメンターとして支援活動を行う。2010年に帰国後、能登左知と(株)KAPIONを設立しスタートアップ企業支援と日米間のオープンイノベーションを目指し、NEDO、総務省、日本総研等と協力。2012年Blue Jay Energyをシリコンバレーに設立、エネルギー関連ビジネスの大学や日本企業のコンサルタント(東北大学、IHI、ムラタ等)活動を行う。また2012年から慶応大学リーディング大学院で起業講座担当、その他NEDOや東京大学を中心にメンター活動中。2016年から日本および海外の高校生を対象にしたシリコンバレー式起業ワークショップ「GTE」を毎年和歌山市で開催。日本人起業家や大学生を中心にメンターや講演活動を推進中。現在は(株)ケミカルゲートCEO。

技術紹介

革新的ナノ粒子の特徴

  • 粒子の均質性
    (化学組成、強度など)
  • シャープな粒径分布
  • ナノレベルの微構造制御が可能
  • 球状

製造できる無機粉体

我々は、化粧品、電池、バイオ、そしてロケットまで、
あらゆる産業に素材からアプローチし、
これまでの「不可能」を「可能」にするイノベーションを起こす。
当社のナノ粒子の粉体製造技術の特徴は、多種の酸化物、複合酸化物および金属の製造に対応できることです。
製造可能な元素は、お問い合わせください。
  • ・球状のナノ粒子の粉体が製造できます
  • ・内部構造の制御が可能です
  • ・マイクロオーダーからナノオーダーの粉体が製造できます

製造例

  • 中空構造
  • 中実構造
  • SiO2
  • SrTiO3
  • Ag
  • BaTiO3
  • LiMn2O4

応用分野

IT、エレクトロニクス、エネルギー、環境、光学、バイオ・医療への展開。
ナノ粉体合成技術から広がる応用は多岐に渡ります。
  • エレクトロニクス
    封止材 コンデンサー LTCC
  • 光学
    レンズ 光学素子
  • 環境
    排ガス 光触媒
  • エネルギー
    二次電池 燃料電池
  • バイオ・医療
    アパタイト 骨充填材
  • IT
    フォトニクス結晶

合成例

  • 酸化物ナノ粒子: Li4Ti5O12
    ・高速充電性能の向上
    ・サイクル特性の向上
  • 酸化物ナノ粒子: ZnO
    ・UVカット性能の向上
    ・生体親和性向上
  • 金属ナノ粒子: Ag
    ・エレクトロニクス製品 小型化、高性能化